キング牧師記念日 (Martin Luther King’s Day)

1960年代、公民権運動の指導者として多大な貢献を果たしたマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師の記念日です。キング牧師の誕生日(1月15日)に合わせ、毎年1月の第3月曜が祝日となっています。

キング牧師は、1955年のローザ・パークス逮捕事件(アラバマ州モンゴメリー)に抗議したバスボイコット事件をきっかけに、公民権運動指導者として徹底した非暴力主義で黒人の人権を訴え続けました。
1963年の人種差別撤廃を訴えた大規模デモ「ワシントン大行進」時の『I have a dream スピーチ』は有名ですね。
翌1964 年には公民権法が制定され、法律上の人種差別はなくなりました。

キング牧師は1968年に暗殺され39年という短い生涯を終えましたが、黒人の公民権獲得への功績は計り知れません。
当時キング牧師と共に公民権運動に参加していた人々が今も世界各国で当時の様子を語り継いでいます。

キング牧師記念日には全米で記念行事が執り行われます。