アポロ・シアター『アマチュア・ナイト』

こんにちは、Rayです。

昨夜、アポロ・シアターのアマチュア・ナイトに行ってきました。

アポロシアターというのは、ハーレム125丁目にある劇場で、マイケル・ジャクソン、ダイアナ・ロス、スティービー・ワンダーなど数多くの歌手やダンサーを輩出したことで有名な場所です。

ここで毎週水曜日に開催される『アマチュアナイト』は、観客の拍手で優勝者が決まる大会で、上位入賞者はその後行われる「ショー・オフ」(月1回)、「トップ・ドッグ」(3ヶ月に1回)へと挑戦し、勝ち進むと年間チャンピョンを決定する「スーパー・トップ・ドッグ」(11月)に出場することになります。

私が初めてアマチュア・ナイトを観に来たのは十数年前。
昔の125丁目と違って周辺には大型ショップが建ち並び、すっかり様子が変わってしまいましたが、アポロシアターの存在感は今も健在です。

image19

↓会場に入ると、まず目につくのがこの『希望の木(Tree of Hope)』
image

ステージ上にも 『希望の木』の切り株が置かれ、出場者はそれをスリスリ擦ってからパフォーマンスを始めます。

↓長い階段の壁には、ここから有名になったスターたちの写真が飾られています。image1

↓3階後方からの眺め
image2

今回の私の座席は3階の一番前。

↓ステージはこんな風に見えます。向かって左側に『希望の木』が置かれていますね。image3

大会が始まるまではDJパフォーマンスや観客のダンスタイム♪
その後、コメディアンで俳優のCoponeさんがホスト役として登場し、会場を笑いの渦に巻き込み雰囲気作りをします。

大会は “ブーイング無し!”がお決まりのキッズ・パフォーマンスが最初にあり、その後 “ブーイング有り!” の大人たちの時間になります。
ブーイングの嵐になると、サイレンが鳴り、途中で強制退場させられます。

今回は、日本人シンガーKohei Hattoriさんの応援も兼ねて行ったのでワクワクドキドキ。

数名のパフォーマンスの後、ついに名前が呼ばれ歌が始まりました!

image4

上手い!!!ひいき目でなくてもそれまでの出場者と比べて一番歌が上手いと思いましたよ。

image5

歌唱中は、歓声・拍手とブーイングが混ざり合って(笑)会場は大盛り上がりです!

全員のパフォーマンス終了後、ブーイングで強制退場になった人を除き、全員がステージに再登場。

いよいよ審査が始まります。

Caponeさんが一人ずつ名前を読み上げ、会場の音(歓声・拍手)が数字になってスクリーンに映し出されます。
その数字の高い順に1位~3位が決定することになります。

image6

なんと、Koheiさん優勝

おめでとうございます 次のステージも絶対応援します。

 

いやぁ、それにしても・・・

出場しているのはアマチュアだというのに、それぞれのパフォーマンス後のCaponeさんのいじり方が容赦ない。
普通の人間ならかなり凹みそうなことをバンバン言って会場を笑わせるんですよ。
それも大会を盛り上げるためなのでしょうけど(実際とっても面白かったし)、日本ではあり得ないことだなぁと思いました。

久々に行ったアマチュアナイトでしたが、この雰囲気、病みつきになりそう。。。

 

【大好き!ニューヨーク】トップページへ