パーク・アベニュー★Carol Sing★

こんにちは、Rayです。

今日は、91丁目パークアベニューにある『The Brick Presbyterian Church』という1767年に建てられた教会で、ツリーの点灯式とキャロル・シング・イベントがありました。

↓教会前で配られるプログラム。今年で70回目なんですね!
プログラムを開くと、13曲のクリスマス・キャロルの歌詞が書かれています。
image15

↓ライトアップされた教会がきれいですね。その前でセレモニーを待つ人々。
image7

image6

↓この教会のシニア・ミニスターが登場し、ご挨拶。
image4

↓教会の児童聖歌隊の皆さんが登場し、これからクリスマス・キャロルを歌います。
image5

お馴染みの「ジングルベル」「We Wish You a Merry Christmas」

「Silent Night」をはじめ、クリスマスの時期になるとよく耳にする

曲を私たち観衆も一緒に合唱しました

 

そして、いよいよクライマックスの点灯式です。

シニア・ミニスターの号令と共にパーク・アベニューに植えられているクリスマス・ツリーに次々とライトがつきました。

image1

image3

ライトがつけばセレモニーは終わりです。

ゾロゾロと皆んな退散。

image2

今日の点灯式は、ロックフェラーやブライアントパークのような観光スポットではないため、有名人による派手なパフォーマンスなどはなく、クリスマス・キャロルを皆でいっぱい唄って、最後に祈るというごくシンプルなものでした。

集まった人たちもおそらく自宅から歩いて来れるご近所さんが多かったのではないかと思います。

シニア・ミニスターが「クリスチャンもユダヤ教徒もイスラム教徒も何も信じていない人もみんなウェルカム!」
と言っていたのが印象的でした。
パーク・アベニューには様々な住人(お金持ちばかりでしょうけど)がいるので、ちょっとした気遣い(?)とでもいうんでしょうか。

そうは言ってももちろん最後は「アーメン」と祈りますけれどね。

皆で一緒に歌って、クリスマスツリーに明かりが灯ることを祝う、

こういうローカル・コミュニティのこじんまりした集まりもいいものだなと思いました。

 

【大好き!ニューヨーク】トップページへ