アイ・アム・レジェンド

原題:I Am Legend

2007年

監督:フランシス・ローレンス

キャスト:ウィル・スミス、サリー・リチャードソン、アリシー・ブラガ、ダッシュ・ミホク、チャーリー・ターハーン

 


ストーリー

舞台は2012年のニューヨーク。

3年前、全世界に蔓延したウィルスによって、地球上でただ一人生き残った科学者のネビルと愛犬サム。

感染者は狂暴なダークシーカーとなり、日が暮れると街に繰り出すため、ネビルは昼間のうちに食料品を調達し、他の生存者を探すために無線で呼びかけながらサウス・ストリート・シーポートで待つ日々。

ネビルは自宅の地下実験室でダークシーカーを人間に戻すための血清を作るべく、動物実験やダークシーカーを生け取りにした人体実験を繰り返していた。

そんなある日、ネビルの無線を聞いたアルゼンチンの母子がやってくる。


image105Rayのレビュー(ネタバレあり)

荒廃したニューヨークの街がワクワク感をそそります。

愛犬サムがダークシーカー化してしまうシーンは辛いです

研究しているわりには、ネビルはダークシーカーが思考能力や感情があることを知らなかったようで、自分が仕掛けた同じようなワナにかかってしまうという失態。どんくさいなぁ・・・

遙々アルゼンチンから途中ダークシーカーにやられることもなく無事にニューヨークにやって来れた母子の存在がちょっと不思議ですが、最後に大きな役目を果たすことができて良かったです。それがあってこそネビルは「I am legend」になれたわけで・・・。

この映画には別のエンディングがあるということで、私はネットで内容を読んだだけで映像では観てはいないのですが、そちらのほうが面白そうではありました。


↓AmazonでDVDを購入する