キック・アス

 



原題:KICK-ASS

2010年

監督:マシュー・ヴォーン

キャスト:アーロン・ジョンソン、クリストファー・ミンツ=プラッセ、クロエ・グレース・モレッツ、ニコラス・ケイジ、マーク・ストロング


ストーリー

アメリカン・コミックのスーパーヒーローに憧れる冴えない高校生デイヴが、ヒーローのコスプレをしてニューヨークの街で単独活動を始める。

特別なパワーもないデイヴがヒーロー的な活躍ができる訳もなく、あっさりと暴漢にやられて大けがを負う。コスプレしていることを周りに隠したいデイヴは、救急車の中で隊員に服を脱がしてくれと頼む。裸で病院に運ばれたということでゲイ疑惑が囁かれ、その噂は学校中に広まってしまう。しかし、その噂が幸いし、デイヴの片思いの相手ケイティが気を許して近づいてくる。

ある夜、街で遭遇した事件でたまたま悪人をやっつけたデイヴは、目撃者にその一部始終をYouTubeで公開され、デイヴが名乗った”キック・アス”という名で一躍話題のヒーローとなる。

その様子をテレビのニュースで知った影のコスプレ・ヒーロー父娘が、キック・アスの前に現れ、そこから意外な展開に・・・。


image105Rayのレビュー(ネタバレあり)

年端もいかない少女が銃を撃ちまくるシーンが印象的なR15+指定の映画です。

こんな映画作って大丈夫んなんでしょうか。

道徳的にどうかということは別にすると、まぁ、飽きることなく最後まで観れました。

訓練として父親が子供に防弾チョッキを着せて弾丸を撃ち込むシーンや、グシャ!ドバッ!と血が飛び散って人間が死ぬシーンなど、思わず眉間にしわが寄ってしまうシーンもいくつかありましたけどね。

笑ったのは、最後にデイヴが少女を助けるために窓の外から現れる場面。滑稽でおかしかったです。

何だかんだ言いながら、次回作も観てしまいそう。

結構、気に入りました


↓AmazonでDVDを購入する