レフト・ビハインド

原題:Left Behind

2014年

監督:ヴィク・アームストロング

キャスト:ニコラス・ケイジ、チャド・マイケル・マーレイ、キャシー・トムソン、ニッキー・ウィーラン

 


ストーリー

主人公レイ(ニコラス・ケイジ)の操縦するニューヨークJFK発ロンドン行きの飛行中、副操縦士や乗客の子供たちが身につけていた衣服などを残して忽然と姿を消す。地上でも数百万人を超える人々が一瞬にして消え、大パニック。
レイはニューヨークへ戻ろうとするが、空港が閉鎖され戻ることができない。燃料も少なくなり、ニューヨークにいる娘クローイと携帯で連絡を取り合う。


image105Rayのレビュー(ネタバレあり)

携挙(けいきょ)だそうです。
携挙とは、プロテスタントにおけるキリスト教終末論で、未来の主イエス・キリストの再臨において起こると信じられていることである。(ウィキペディアより引用)

イエス・キリストを信じる者は天に召され、そうでないものは地上に残る。だから、タイトルが「Left Behind」なんですね。
それは理解できました。
でも、映画としては、あんまり面白くなかったゎ
スリラー映画ってなってたけど、これをスリラーと呼ぶのかしら・・・