ニューヨークの恋人

原題:Kate & Leopold

2001年

監督:ジェームズ・マンゴールド

キャスト:メグ・ライアン、ヒュー・ジャックマン


ストーリー

1876年のニューヨーク。

英国貴族のレオポルドが花嫁を決めなければならない舞踏会当日、会場に忍び込んでいた不審な男を追ってブルックリン・ブリッジまで行ったレオポルドは、男と一緒に橋から落ちて現代のニューヨークにタイムスリップしてしまう。

キャリアウーマンのケイトは、突然現れた貴族姿のレオポルドを奇妙に思いながらも徐々に惹かれていく・・・。


image105Rayの感想(ネタバレあり)

建設中のブルックリンブリッジで演説が行われているシーンから始まり、いきなりテンションUPしました
この時代の様子を見ることがあまりないので興味津津です。
当時、アメリカに渡ってきた英国貴族はお金がなかったので、お金持ちのご令嬢と結婚しようと(させようと)必死になっているわけですね。
ヒュー・ジャックマンはレオポルド役にピッタリ顔立ちも立ち姿も話し方も何ら違和感がありません。

また、現代のニューヨークと、馬車が行き交う昔のニューヨークのコントラストがいいですね
現代にタイムスリップしてもレオポルドは馬に乗ってセントラルパークでスリを追いかけまわしていましたけど。

「ニューヨークの恋人」という邦題がありきたりで、せっかくユニークな内容なのにタイトルが記憶に残りにくい感じ。
原題のままか、もしくはもうちょっとヒネッても良かったんじゃないかな。
一応、ハッピーエンドなわけですが、ケイトはこのまま幸せに暮らしていけるんでしょうか?

ストーリーは単純なので、サラリと観ることができる作品です。


↓AmazonでDVDを購入する