ニューイヤーズ・イブ

原題:NEW YEAR’S EVE

2011年

監督: ゲイリー・マーシャル

キャスト:ヒラリー・スワンク、ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、サラ・ジェシカ・パーカー、ジョン・ボン・ジョヴィ、キャサリン・ハイグル、アシュトン・カッチャー、リア・ミシェル、ジョシュ・デュアメル、ザック・エフロン、アビゲイル・ブレスリン、ジェシカ・ビール、ハル・ベリー


ストーリー

大晦日のニューヨークを舞台にしたロマンティック・コメディ。

マンハッタンのタイムズスクエアで行われる一大イベント『カウントダウン』。主催者、参加アーチスト、観客、それぞれ違う立場の人々が、カウントダウンというイベントを背景に大切な人との絆について正面から向き合うストーリー。

カウントダウンのボールドロップ舞台裏、音楽会社のパーティ、末期患者や出産競争をする2組の夫婦がいる病院、アパートメントのエレベーター、そしてタイムズスクエアのイベントステージなど、様々なシーンで人間模様が展開される。


image105Rayのレビュー(ネタバレあり)

実際のタイムズスクエア・カウントダウン中に撮影されたこともあり、ニューヨークの年越しの様子がリアルに描かれていて面白かったです。

また、カウントダウン・イベントの主催者側の舞台裏が描かれていているところが興味深かった。

一般の見物人が実際にあの場所でボールドロップ(カウントダウンと共に大きなボールが上から降りてきます)を観ようとすれば、何時間も前から待機(トイレにも行けず)しなければならないのですが、映画では後から遅れてやってきた登場人物が次々に簡単に良い場所に入れて、「おいおい!」と思わずツッコミたくなりました。・・・が、そこは映画なので、軽く流してと。

ジョン・ボン・ジョヴィが出ていたのには驚きました。
最初にギターを引いているシーンを見て、”ちょっとジョンに似てるな” と思ったものの、まさか本人とは。

ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、サラ・ジェシカ・パーカーなどなど、豪華キャストです。

この映画を観て思ったのは、アメリカ人にとって、『年越し』って意外と大きな意味があるんだなということ。
彼らにとって、カウントダウンは単なるお祭り騒ぎだと思っていたのですが、一年のTo Do リストをやり遂げようとする人がいたりして、新しい年を迎える気持ちは日本人と共通するものがあるんですね。

ラストシーンで一年振りに再会したお相手の女性はジェシカ・パーカーでしたが、なんとなく不釣り合いだと思ったのは私だけでしょうか・・・。

何はともあれ、観終わったら気持がほっこりする映画です


↓AmazonでDVDを購入する