パニックルーム

原題:Panic Room

2002年

監督:デヴィッド・フィンチャー

キャスト:ジョディ・フォスター、クリステン・スチュワート、フォレスト・ウィテカー、ジャレッド・レト

 


ストーリー

夫の浮気が原因で離婚したばかりのメグは、娘サラを連れてマンハッタンにある4階建ての高級タウンハウスに移り住む。そこには、コンクリートの厚い壁に囲まれ、独立した電話回線と家中に設置された監視カメラのモニターがズラリと並ぶ「パニックルーム」と呼ばれる緊急避難部屋がある。

実は、前の住人が残した隠し財産がこのパニックルームの中にあり、それを知る3人の悪党が空き家になっている間に盗み出す計画をしていたのだが、空き家と思って盗みに入った夜、入居したばかりのメグとサラが寝室で眠っていた。

強盗に気付いた母娘はパニックルームに逃げ込み、強盗たちと死闘を繰り広げる。


image105Rayのレビュー(ネタバレあり)

最初と最後の数分以外は、パニックルームのある屋敷内のシーンばかりなので、あまりニューヨークらしさを感じさせるところはないのだけど、アッパーウエスト94丁目辺りにはこんなに広いタウンハウスがあるんだなぁと思いながら観ました。
二人で暮らすには広すぎて怖いです

パニックルームの鉄の扉はセンサーに反応するはずなのにどうして手を挟まれたのかな・・・とか、どうして警察が来た時にメグは目くばせしなかったのかな・・・と小さな疑問が残りますが、全体としてはまぁまぁ面白かったと思います。

最後に残った犯人が逃げ延びたら気持ち良くThe Endになれたような気がします。


↓AmazonでDVDを購入する