ユー・ガット・メール


原題:You’ve Got Mail

1998年

監督:ノーラ・エフロン

キャスト:トム・ハンクス、メグ・ライアン


ストーリー

マンハッタンのアッパーウエストサイドで、母親から受け継いだ小さな絵本専門店「街角の店」(The Shop Around The Corner)を経営するキャサリン。

キャサリンには同棲している恋人がいるが、その彼に内緒で「NY152」というハンドルネームの男性とメールをやりとりすることが日々の楽しみとなっている。

そんな時、キャサリンが経営する本屋のすぐそばに大型書店「フォックス・ブック」が開店したことにより、キャサリンの店は客足が遠のき、このままでは閉店に追い込まれかねない状況になる。この商売敵こそがメル友「NY152」なのだが、お互いに気付いていない。


image105Rayのレビュー(ネタバレあり)

マンハッタンの街並が美しくて、今すぐ行きたくなりました。

当時はEメールでの出会いって、まだ珍しくて新鮮だったような気がします。
そうそう
パソコンの電源を入れて、インターネットに繋ぐときのダイヤル音やAOLの「You’ve got mail」の受信音ってこんな感じでしたね懐かしい。

メグライアンと彼氏が破局するシーンのやりとりが印象的。
「いい関係だけど、もう愛してはいないよね」とお互いに同じ時期に気付いて別れるって、理想的な別れだゎ。

メグライアンの本屋さんの閉店シーンは悲しいですね。
こういうお店が無くなっていくのが現実なんでしょうけど、できれば残っていて欲しいと思います。

トムハンクスは、メル友がメグライアンと知ってからもずっとそのことを黙っているわけですが、それってどうなんでしょう?
私だったら、ちょっとイヤかも。
でも、メグライアンは真実を知って、怒るどころか喜んでいましたね。

う~ん、女心はわかりません。


↓AmazonでDVDを購入する